FC2ブログ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ

デスデモーナの一年

Wed.13.12.2017 0 comments
ERの一年を振り返る第三弾はデスデモーナ!2015年の品種ですね。


PB200015 (500x375)

ロアルドと同時購入だったので到着は11月20日
おおむねロアルドと同じ状態で植えつけ、管理を行ってました
根っこがやたら横向きで植えづらかった…
ちなみに裸苗の植え付け時に根や枝をカットする事はしていません



014 (640x480)


3月ごろの姿。余り初期成育が良くないし黒点も多かったので
最初の印象はそれほど良くありませんでした



P4170019 (640x480)

株が小さいまま蕾が7~8個付いて11月購入組の中ではトップで開花。
花弁数が少なめのせいか、蕾が付いてから開花までが早い印象



P4180027 (640x480)

緩み始めたと思ったらもう一気に開花!
グラデーションのかからない淡色の淡いピンクの花弁です
花首は強めでこれもうなだれません、花の持ちは3~4日ってところ
開花翌日から白っぽくなって数日で散りました
ちなみに開花中に激しい雨にあっても痛んだりはしなかった
香りはミルラだそうですが、セプタードやトロワラスのような薬っぽい香りではなく
甘酸っぱさが混じってますね。個人的にかなり好きな香りです



P6140011 (640x480)


6月中ごろに地植えに、二番花は一番花以上に大量に開花
終わった花をカットするとそこから3つぐらい芽が出て5cmぐらい伸びては蕾が付くので
株が大きくならなかったな…ボスコベルも同じような現象が起きてましたね
暑い時などに起こりやすいんだそうです



018 (640x480)

シュートも良く発生してました。とは言えこれも50cmほどで開花するので株は小さいまま
隣のボスコベルと60cmほどしか株間無いのでちょっと狭かったのかも?
ボスコは冬にお引越し予定なので来年はもうちょい大きくなるといいな



P8020039 (640x480)


夏の終わりごろの姿。
病気に関しては手持ちの品種のなかでもトップクラスで
最初の芽吹きの頃以降の黒点はほぼ見られず
秋の黒点祭りでもずっと美しいマットな青緑の葉をキープしていましたね。
12月ごろに少し症状が出たけど、そんなの病気のうちには入らないわ
うどん粉の発生もゼロです。マーベラス!

左隣のボスコベルは暑さのせいか、生育障害を起こし気味でした…
葉が薄くかすれたようになってしまってます



PA120002 (640x480)


夏剪定はデスデモーナは剪定後一ヶ月弱で開花を始めてます
でも秋の花より春の方が好みかな。秋は花がやや小ぶりになってました

一年間育ててみて大きくなりすぎない樹形、開花の早さ、病気への抵抗性は非常によく
可憐な花と甘酸っぱい香りも好印象でとても優れた品種だと思いました
花の雰囲気が好みであればお勧めできると思います


« ザ・ラークアセンディング総評 - Home - ロアルドダール »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop