カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ村
月別アーカイブ
検索フォーム

続・本剪定

Sat.24.02.2018 0 comments
007 (640x480)


剪定の続き、これはロアルドダール。真後ろのマダムアルディと被ってわかりづらいですがモジャモジャです
これ半ツル性なんだろうな…少なくともブッシュじゃないわ
公式ではトゲが殆ど無いとか謳ってましたがそんなこたぁありません
しっかり生えてるしめっちゃ引っかかる(笑)


003 (640x480)


簡易オベリスクは撤去しざくざくっと剪定。背景にブルーシート置いてみました
これでトゲが確認出来るでしょうか?ついでにこうしてみると横張り気味ですね
どうせまた一節から複数芽伸びるだろうし、もっと細い枝落としてもいいのかなあ~

やたら支柱立ててるのは変な方向に伸びてる枝を引っ張る役目もあります



005 (640x480)


チャールズレニーマッキントッシュ
竹串のような細い枝でもかなりしっかりとした花が咲いてました
右側の枝が少ないのは昨年に隣のアメジストセージが巨大化してたせいだと思われます
移植して離したし、今年のセージは開花までに剪定するから影響は及ぼさないと思いたい

しかし左側のリクニスめっちゃでっかくなってるな


004 (640x480)


これは細めでも咲きそうなので枝は残し気味にしてみました
作出年は古いけど暴れない樹形と連続開花性が優れてて良い品種です




005 (640x480) (2)


ビフォー画像を用意してなかったデスデモーナ
耐病性はトップクラスですし、連続開花性も悪くなく、可憐な花に香りもよしの優秀品種
ただ夏場に枝が5cmほど伸びては蕾を付けてしまう謎現象が起きてたので
ボスコベルほどではないけどあまり耐暑性は高くないのかもしれない…
一年目は最大80cmぐらいまで伸びたぐらいかな?完全ブッシュ型で扱いやすいです
今年から120cmx40cmの花壇を占有(つってもエミリアプラターは同居)できるので大きくなれよ~



001 (640x480)


エブリンはツル仕立てにするので何も考えず鉛筆ぐらいの太さまで切り戻しました
新苗が一年でここまで大きくなったんだから有難いわ



002 (640x480)

昨年植えつけたERの中では最もごんぶとシュートが出ましたね
モグラ避けで株のまわり囲ってた底無しプラ鉢の撤去時に吸肥根ブチっといっちゃったけど
これだけ元気ならきっと大丈夫!そう思っておこう!!


あとの画像は無いんですがトロワラスやセプタードのブッシュで育てるのは20~40cm
ラトゥール、アルディ、ストロベリーヒル、レデイオブシャーロットのつる扱いする品種は
鉛筆ぐらいの太さを目安に切り戻しをすませました
まだ初回なんでそこまで大変じゃないけど次の剪定はヒーヒー言う羽目になるんでしょうかねえ
それはそれで本望かも??



« 初春のお買い物 - Home - 本剪定 »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop