プロフィール

non

Author:non
築20年越えの一軒家に住まう管理人の備忘録。猫、DIY、インテリア等々。更新はネタが溜まったら一気に行われます。最近は園芸ネタ多め

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過

Thu.22.09.2016 0 comments
008 (640x480)


ホムセンの見切りを値切ったメアリーローズ、結構芽が伸びてきましたぜ~
今年中に一回ぐらい花咲いてくれないかな~と期待しています。
2000年ごろに花フェスタとか行ってたけどメアリーローズの記憶が無いので
実物を見るのはこれが咲いたら初めてだったりする

コンデ・ド・シャンポールの子供らしいから好みだとは思う。コンテはいい花だった覚えがある。







010 (640x480)


秋になって黒点で一人ガンガン葉っぱを落としているフェリシア
しかしまた新しい枝葉を出しているので、そんな気にしなくていいかな…?
新苗をバリバリに咲かせちゃったのでシュートは未だ発生せず。
と言うかここほんま直射日光当たらないのにこれだけ伸びてる方が脅威かも


011 (640x480)


同じくほっとんど直射の当たらない場所に置いてるジュランビル
茂ってるめっちゃ茂ってきている…しかも黒点ひとっつも出てない。なにこれ怖い。




012 (640x480)


そのお隣のキャリエール。これもじんわり伸びてきております。
一本だけ長すぎて見切れてるし…
実のところ支柱いらんやろってぐらいしっかりしてるんですが、枝葉重なってるより
広げて少しでも日を当てる方がよかろうと支柱で広げてます。
これも実は一回も実物を見たことが無いのであります。春までは無理かなぁ~




014 (480x640)



この雨戸隠すようにトレリス設置して誘引しようと目論んでます。
上まで伸びれば多少の日当たりは確保できるはずだ~~~



ちなみにLDブレスウェイトとパレードは会社で育て中。
ブレスはもう職場に植えつける気ですが、パレードはある程度大きくなったら
ラベンダードリームと対になるように植えたいかなと、一回花見て合うか考えまっしょい。





スポンサーサイト

youwin

Wed.21.09.2016 0 comments
017 (640x480)

玄関前のカーポート横の花壇。北西と言う日当たりの悪さにも10年わずらってる癌種にも負けず
ギスラインが茂っています。トレリス崩壊したのでビス打ちとワイヤー張りをするため
ちょいちょい枝を減らしてんですけど、切ったら切ったでまた新しいの生やしてくるからな…

右に植えてあったウィリアムモリスは扱いづらいので抜いてしまいました
かなりごんぶとの根しか残せなかったので枯れてしまうやもしれぬ…
無事に蘇ったら会社で育てようと思いますぞ。

モリスの代わりに日陰に強い濃い目黄色系の四季咲きバラを植えたいなあ。
候補は殿堂入りを果たしたグラハムトーマスですけど、ERはここ数年の新しい品種の方が
花形、樹勢、耐病性などなどトータルで優れてるみたいで迷うところ…




015 (640x480)


あと玄関のシンボルツリー(品種ど忘れ)が落葉とイラガでうっとおしいので
植え替えするか無くしたいのですが、そうなると玄関から引っ張ってるワイヤーを
どこかに逃がさないといけない問題がありまして…



016 (480x640)


となるとここのツタ這った跡が残る壁にスッポンフック張ってワイヤーして
こっちにも枝を割り振るようにするべきかな~と考えてます。
数年後に外壁塗装控えてるから壁の誘引は待った方がいいんでしょうけど、
やりたい事はやりたい時にやっとけ主義です

今年は誘引見直しで忙しい冬になりそうですぞ~



ガラスボウル二種

Tue.20.09.2016 0 comments

前々から目をつけていたガラスボウルがセールになったのでここぞと購入ゥ~~
何に使うとか考えてない。飾りたい。ただそれだけのシンプルな動機です。



004 (640x480)


ヌータヤルヴィのデザイナー、サーラ・ホペアデザインのデコレーションボウル。
サーラ・ホペアはまだあんまり有名ではない感じですが、本国ではカイ・フランクと双璧だったとか…
カステヘルミを思わせるつぶつぶデザインですが、こちらの方が先に作られています。
ちなみにクリア、グリーン、グレーも存在していますが、グリーンとグレーはお値段倍ぐらいするぞ

ちょっと水垢跡があるのでクエン酸に漬けてみよう




005 (640x480)


こちらはBoda社のバーティル・ヴァリーン氏がデザインした物。
Boda社は結構好みの物があるんですが、イッタラとかヌータヤルヴィほど日本では知られてないような…
このボウルも購入店以外のお店で取り扱ってるの見たことが無いです。
前々からいいな~~~でもめっちゃ高いな!!これ一つで諭吉越えるのかよ!って迷ってたんだけど
ショップ全品10%オフに乗っかって買ってしまった。買う後悔より買わない後悔です(言い訳)





007 (640x480)


表面の模様は後から入れたのではなく、中に空気の泡?が入ってるんですよ。
なんだこれどうやって作ってるんだよ
フォルムもエレガントで凝ってる感すごい。色味も繊細でめちゃくちゃ綺麗です。
高かったけど!高かったけど!後悔は無いわ…
窓辺に飾って毎日眺めてます。地震で割れたらショック過ぎるのでミュージアムジェル買うかな





002 (640x480)


こうやって短めの花を活けるのにちょうどいいかな?って思いもありました
青系なのでバラに良く似合うと思うよ



バラの年齢

Fri.16.09.2016 0 comments

そういえばうちのバラってどれが一番古いのかな?
なんて疑問がわいたので、手持ちのバラについてちょっくら調べてみました。
後ろの括弧は系統でござんす


1832年 マダム・アルディ            (ダマスク)
1858年 セリーヌ・フォレスティエ        (ノワゼット)
1879年 マダム・アルフレッド・キャリエール (ノワゼット)
1897年 バロン・ジ・ロードラン         (ハイブリッドパーペチュアル)
1900年 ファンタン・ラトゥール          (ケンティフォリア)
1906年 フランソワ・ジュランビル        (ランブラー)
1916年 ギスライン・ド・フェリゴンデ       (ランブラー)
1919年 プロスペリティ              (ハイブリッドムスク)
1928年 フェリシア                 (ハイブリッドムスク) 
1936年 ローブリッター              (ハイブリッドムスク)
      バフ・ビューティ              (ハイブリッドムスク)
1953年 パレード                    (クライミング)
1958年 アイスバーグ               (フロリバンダ)
1968年 ノゾミ                    (クライミング・ミニチュア)
1983年 メアリーローズ              (イングリッシュ)
1984年 ラベンダードリーム            (シュラブ)
1988年 LDブレスウェイト             (イングリッシュ)
1998年 ウイリアムモリス             (イングリッシュ)

一番古い品種はマダム・アルディ。あと16年で作出されて200年と言う超古株!
それだけ昔に作られたものが、今でも同じ形をして生き残っていると言う事に驚き
系統も書き出してみましたが、同じ系統が似た時期に来ているのは
その時代その系統を作り出すのが流行りだった、とかなんでしょうかね?
見事に時期が固まっている。バフ・ビューティとローブリッターなんて同じ年だし。


ちなみにこれ調べてると交配親の表記もあったりしたんですが
フェリシアがオフェリアの子供だとか、LDブレスウェイドがメアリーローズの子供だとか
ウイリアムモリスがアブラハムダービーの子供とかそういうのも知れてちょっと楽しい


先日に植え替えをしたメアリーやブレスウェイド、ちゃんと芽が出てきました~イエ~~




キャリエールとジュランビルの鉢増し

Thu.15.09.2016 0 comments
昨日に届いたジュランビルとキャリエールは北西玄関脇のエリアと、西日しか直射の当たらない
かなり過酷なカーポートの壁面(ギスラインの真向かい)にそれぞれ植えつけ予定なんですが
キャリエールの植え付け予定地は春までバロン植えてたので土を休ませる為
ジュランヒルはもうちょい株を充実させてからにしようという事で2つともしばらく鉢植えで管理します

届いた時の角鉢からもう白い根見えてきてたので鉢増しじゃい

007 (480x640)


まずはジュランビル。まだ新苗なので小さめの18cm角ぐらいの鉢です
支柱立てて枝を止めようと思ったら細いのが沢山ありすぎて
この小さい鉢では到底おさまらなかったので、窓から針金を張りました



006 (640x480)



上部はスダレ吊る奴使っています。今は仮誘引なのでほっそい針金だしユルユルだけど、
ジュランビルの枝もめちゃくちゃ柔らかいし、まぁ問題ないかな~~と。
ちなみにこの窓下にもツルバラを検討してます。
いずれ窓枠の上部にスッポンフック張るか、いっそ雨どいに針金回すかですね~
あんまり窓の近くに枝持ってくると開閉時に擦れて痛んだりしそうじゃない

てゆうかキャリエールここに植えてもいいのよね。ここはここでプロスペリティ植えてたので
休ませねばならぬ事に変わりはないのだが

この後キャリエールも鉢増しして隣に置いておきました。
キャリエールの枝は太くないんだけどめっちゃ直立でしっかりしてるわ…誘引難しい系?



008 (640x480)


足元には新規投入したフウロソウとか、西日直撃ゾーンに植えつけられて
元気の無かった白いクリスマスローズを植えましたぞ。
今年は増えすぎたエビネランとか咲かないすずらんとかの移植もやってます。
害虫が激しいコデマリをどうすんべかな~



009 (640x480)

へし折ったバロンを挿し木してみた。挿し木あんまり成功できない勢です…
上手くいったら会社で育てよっと



010 (640x480)


鉢増ししたメアリーローズだけど、コガネ死んでなかったらイヤだし、もう地植えでもいいかと
バロンとフェリシアの間に植えました。リビングの窓からは繰り返し咲く奴を植えてます。
枝の伸び具合で間にもう一株ぐらいいけるかなあ。それは来年まで様子見です。



topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。