カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
ブログ村
月別アーカイブ
検索フォーム

イモージェン切り戻し&悩ましいシャーロット

Mon.12.02.2018 0 comments
001 (640x480)


枯れこみ発覚のイモージェン、前回はスマホカメラで皺が見えてませんでしたが
軽症の方はこんな感じでした
発覚一週間ほど前は全然普通だった気がするんですけどねぇ
やっぱりこまめに見ておかないと駄目ですわ




004 (640x480)


芽も完全に駄目になっちゃってます
同時に植えつけたジェームズやムンステは元気に赤い芽を膨らませてるのに
何で一つだけこうなったのかと言えば、鉢植えごと埋めて土の量が限定されているので
降雨だけでは足りなかったって事なんでしょうね。ドバドバ水やっても空気が出たりしなかったし…

同様にしたシャーロットは二年目でまだ根っこ多いから大丈夫なんだろうな
とは言え今年に移植したバラにもたっぷり水やっておいたのは言うまでも無いよ


006 (640x480)


断面図。中はそんな枯れ込み出てないので今後はきっと大丈夫でしょう
進行がとまってくれれば御の字ですよ



005 (640x480)


とりあえずこりゃ駄目だろうなって所だけ切り取りました
茶色くなってる枝は先に枯れこんでたやつです。この時点で対処していれば…!
去年に植えた苗が全部うまいこと行ったので油断してたよ。すまないイモージェン




011 (640x480)


さておきこちらはシャーロットオースチン。割と綺麗にばらけてシュートが出てくれたものの
一本だけ懐枝になっていて枝が平行になっている状態です
本剪定でどちらかを切り落とすか残すかお悩み中



012 (640x480)


素直に伸びてるほうを残したいんだけど、微々たる差とは言えこっちの方が細く古い枝…



013 (640x480)



いっそ懐枝を外に引っ張ってしまうか??でも曲がったところから枝出そうだな~
これも根を切ってるので安全の為に切り落とすか?どうすんべかね



イモージェンの危機

Thu.08.02.2018 0 comments
連日最低がマイナス気温最高が一桁前半…雪が降ってもその日のうちに解けるので
積もりこそしないものの、とにかく寒い!剪定したくなるから庭巡回もおそろかになりがち…


20180208042346ede.jpg


などと言い訳してサボってたらイモージェンに異変が起こってました
6本の枝のうち、4本が枯れこんでいます!!うわ~~!何これ?




20180208042347739.jpg


前々から2本はちょっと枯れこみ出てたんですが、まぁそういうの何度もあったし
特に進行しなかったし、2本ぐらいならいいかな~と放置してたら
その部分は完全に枯れて、更に他の2本も枝に皺が入ってます
あっこれ完全に根が駄目になってるやつ…?

ナーセリーにメールして聞いてみたら
・根を整理し深く切り戻した根があった場合はその根につながっていた枝が枯れこむことがあります
(根はいじってないのでこれは無さそう)
・寒いと水の吸い上げが悪くなり一時的に皺が寄ることがあります。その場合は水やりすると
結構しわが伸び元に戻ったりするので、枯れこんだ枝や皺の寄った枝はそのまま様子を見て
芽が動き始めてから切り戻ししています。品種にもよりますが太い枝ほどしわが寄り易いかもしれません
(むしろ細い枝から枯れこみが出ている、皺、枯れ込みの枝は芽も死んでいる)

とのお話でした。皺って出たらアウトかと思ってたけど伸びたりするの…?
して対処法なのですが、寒さで土が浮いて根に隙間が出来てるのかもしれないので
水遣りして土を詰めてみて…でした。まぁどう考えても根の異常なんですよね
幸いにして一番太い枝は生きてるし皺の入ってしまった枝も生きてるところはあるので
見込みのあるところだけ残して見守ってみますか

根域制限したせいかな~?とか思ったんだけど同じようにしてるシャーロットオースチン
めっちゃ元気でボンボコ芽が出てるのでそれが原因とも思いにくい感じです
いや根の量が違うと言えば違うんだけどね。参ったなこれは


スノーグース引越し&北庭のバラ

Wed.31.01.2018 0 comments
004 (480x640)


迷ってたスノーグース、結局は会社に持ってきました
植木鉢から抜いたらすごい根が張ってて嬉しい!けど土落とす時にちょい切れた…
まぁこれからは日当たりよくなるからすぐにリカバリ出来るでしょう

後ろの白鉢はLDブレスウェイト



015 (480x640)


グースの植え付け予定地はこの左手のツツジ3つの向こう側
一株枯れて空白になったエリアがあるのでそこを予定しています
秋ごろに半年効果ある除草剤撒いてるんで安全の為に春まで植えません
試しに余り苗植えたら枯れないので大丈夫とは思うんだけど一応ね…

会社事務所の陰になって朝からの日照が少ないんだけど、グースなら大丈夫でしょう
手前の竹置きまくってるところは春に届く新苗を植えます
ツツジ全部抜いてここも花壇にしたい計画あるのでボスに相談しなくては



014 (640x480)


上の画像右手のブロック塀沿いに奥行80cmほどの花壇がありまして
そこはツル薔薇がメイン、手前のブッシュローズは越したてのボスコベル
私は支柱魔なのでついつい立てまくってしまう…折れたらイヤやしな~



019 (640x480)


ボス子は一年でこれぐらいのサイズ、別に普通に育ってるはずだけど
他の品種が旺盛すぎて小さく見えるわ…後ろの苗はポピー・フローノプレノです




012 (640x480)


ボスコベルの隣がオルブライトン、その隣がパレード、最奥がレディオブザレイクなので
開花時はピンク系の壁になるはずだ~~
パレード一年でかなり伸びましたが、実は数えるほどしか咲いてない




018 (640x480)


パレードの株元から漂うやる気!




016 (640x480)


ブラッシュノアゼットのやる気はもっと凄い…見切り苗なのに異常に元気だな
ERでこんな元気な株元してるの無いんですけど~~?



寒波襲来

Sat.27.01.2018 0 comments
20180127173630ae6.jpg

今週はロシアから来た寒気団で日本中が冷え込んでますね
しかし関西はさほど雪も降らずに済んでくれてありがたい…
ただ風は半端なく吹いてました。自転車ごとなぎ倒されるかと思った


20180127173629d10.jpg


地面が白くなったお陰で樹型がよく見えるので記念に撮影してみました
まだどれも仮剪定です、3月手前ぐらいにもうちょっと切り詰めたい
これはトロワラス。届いた時に比べてすごく立派になってくれて嬉しい!



20180127173627690.jpg

レディオブシャーロット、指ぐらいの太い枝2本+ちょい細い枝少しです
しかも手前側の枝は根元で半分取れかかってると言うな…折れた箇所を埋めてみたけど
そんな所から自根は出ないか
手前でモジャってるのはベロニカです。見切り株3つ植えつけたらめちゃくちゃ茂った



20180127173549a05.jpg

シャーロットのお隣はストロベリーヒル、これはつる仕立てにしたいんだけど
枝をどこまで残していいのか悩む。わりと細めの枝ばっかなんだよね
フェンスに誘引するだけだと枝に負担かかりそうなので見栄え悪いと判りつつ中間に支柱立ててます
もっと壁際に植えつけてもよかったか??




2018012717354836b.jpg


お引越ししたファンタンラトゥール、枝も根も切りまくったけど見事に復活です。
むしろ前より水も肥料も貰ってるので元気に育ってる…今年が楽しみ!!



20180127173546ab6.jpg


マダムアルディ、台風で株が手前に倒れこんで株元の根が切れまくったし
その時に3割ぐらい枝を落としたんだけどそれでもこの枝の量
ツルバラって大きくなるよなあと改めて感じるわ…去年はあんまパッとしなかったので今年に期待
かなりトゲがきついのとイングリッシュローズに比べるとどうしても病気に弱いので
今年イマイチだったらリストラかもなあ…





20180127173545026.jpg


外が余りに寒いので非加温管理してた春植えの苗を加温フレームに避難
オーブリエチアやアネモネもどうせなら春まで大きく育ててみようと一緒にお引越し
ブルーレースは霜が当たらなければ大丈夫と思ってたけど非加温の温室内でも枯れますわ
かなり耐寒性低いんだなぁ
鉢植えポピーもビニールで囲ったら寒さで駄目になってた蕾が即効で開花してくれた。やったね



20180127173543f5f.jpg


本来は秋蒔きの品種ですがフレーム管理で春蒔きチャレンジしてます
秋蒔きを春に蒔くと生育期間が短くて株がしょぼいままで終わっちゃうけど
2月辺りから育てれば多少は生育期間が長く取れてマシなのではないかと言う試みです
発芽は温度があれば簡単だけど、2月の日照量で徒長せずに育つかが問題ですね

ちなみにカンパニュラの種、ポピー並みに細かくて出る気がしない…
ここでは普通に被覆したけど後に底面給水で蒔き直してみました
しっかし千鳥草、トルコキキョウに次いで上手く発芽するビジョンが見えませんな


ER総括その他編その2

Fri.26.01.2018 0 comments
一年間育てたイングリッシュローズを振り返る回、最終編でございます
前回のピックアップにしっかりボスコベルを忘れておりました(笑)


201801261903274c6.jpg

レディオブザレイクはスノーグースと一緒に誕生日プレゼントとして貰いました
最初に開花した時は花デカっ!って印象(笑)
公式だとかなりピンクのバラですが、割りとすぐに色は抜けて白っほい花になります
そして春の花は大きく、開いたら7cmぐらいある
二番花はカップが浅くなってオールドのフェリシアに似たような花に…
秋が一番公式のイメージに近い花でした
軽微なうどん粉と激しい黒点になりましたが
まだあまり成長してないので今年はまた変わって来るでしょう


レディオブシャーロットは到着時に付いてた蕾が開花後は
ひたすら大きくなってた気がします。写真が全然残ってない(笑)

20180126190329fde.jpg



ボスコベルと同じく花弁に筋が目立つタイプの花。病気には強くて軽く黒点出たぐらいかな?
小指ぐらいの太いシュート出たのに誘引時にやらかして根元で半分取れかかってます
新しいシュート出るまで持ちこたえてくれ~
ジュードやエブリンと同じで枝はわりと固めです、巻き付ける系の誘引してるの見かけますが
あんなに曲がるのだろうか…?うちはフェンス際定植なので扇形誘引の予定
とりあえず初夏にシュート出して欲しいナンバーワンです



20180126193446230.jpg


ピン画像がこれしかなかったボスコベル
こうしてみるとレディオブシャーロットのピンク版みたいな花のような…
事前に暑さに弱いと聞いてましたが夏最盛期は確かに生育が止まってました
生育障害と言うのか、新芽がかすれたようになってた
とは言え開花数はわりと多く、そこまで崩れた花も無かったような気がします
香りはデスデモーナと似た甘酸っぱい系ミルラです。
濃い目ピンクに弁底に黄色が入る、グラデーション系花弁で豪華な雰囲気
花首しっかりしてるし樹型も暴れなくて扱いやすい品種だと思います
狭い花壇から広めの場所に移植したけど結果やいかに??



この冬に植えつけた品種をのぞいておおよそ15、6品種あると思うんですが
総合的にいいな!と思えたのはデスデモーナ、チャールズレニーマッキントッシュ
スノーグース、トロワラス、ラークアセンディング辺りですかね
予想外に暴れたのはセプタードアイル、存外育たなかったのはボスコベルとジュード
花のイメージ違ってたのはレデイオブザレイクとLD(ただ秋花は超綺麗だった)
来年の総括でこの印象が覆るのか??はやく春になって欲しいもんです。寒いのはもういいわ







topTop - Next Page »