FC2ブログ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ

初夏

Sun.23.06.2019 0 comments
021 (480x640)

二番花のシーズンです
シャーロットオースチンは二番花でもそこそこ可愛い


022 (640x480)


コガネ被害からは完璧に復活
やわらかい黄色、しっかりした花首、さわやかな香り
黄緑色の明るい葉も美しく、古めの品種だけどお気に入り
ただ秋に黒点でスパッと葉を落とす
秋だからもういいか!って感じですけど







015 (640x480)


早咲きで二番花も終わったメアリマグダレン
一本出したシュートの蕾を制限したら全体的に成長しだしたし
二本目のシュートも出ました。そこにもまた蕾ついてるし、めちゃ優秀~~
ただ60cmぐらいで花芽つけちゃうので丈は出ません



016 (640x480)


その隣の新顔、ケルビーノもシュートに大量の蕾を付けた
最長で1mぐらいかな?シュートは今のところ2本




017 (480x640)


同じく新顔のベンジャミンブリテン
シュート一本とあちこちからサイドシュートが
鉛筆以下、菜ばしくらいの枝はほとんど動いてないので
剪定はそれ以上の太さだけ残すのが正解かも




018 (640x480)


デスデモーナは一番花以降も暴れることなく非常に扱いやすい
今年は長め剪定なので1m強あるけど、もっとコンパクトにも出来ると思う
そして蕾がいっぱい。小さくなるけどそこまでショボい花では無い





034 (640x480)


薬害なのか、葉色悪くなってしまったムンステッドウッド
あんまり成長もしていない~~



025 (640x480)


同様にダービーも動きは遅め
ダービって枝がやたら色薄いんだけど、品種の特性??





023 (640x480)


今年はつる仕立てにしたロアルドダール、完全に藪です



026 (640x480)


レディオブシャーロットも同じように数節から新芽出て茂る
そこから二番花咲いたら一番花咲かせた枝まで切り戻しています
そうでもしないとモジャモジャだ~~~



移ろう季節

Fri.07.06.2019 0 comments
002 (480x640)


他の品種がほぼ終わったor早めの二番花が咲いている最終盤にコメータが開花
ぶっちゃけ小さいし香りもしないしでめちゃくちゃ地味だった…



003 (640x480)


数本の枝が伸びてその先の10節ぐらいから大量の花が付くタイプ
スノーグースの咲き方と似ているかも
リストラするか否かはこの後の連続開花性がどれくらいかだな


007 (640x480)


早々にシュートを出したメアリマグダレン
その先に30個ぐらい蕾を付けたのはいいけど
そこにエネルギー集中してるのか、他の枝が沈黙しているので
8個ぐらいに摘蕾してみました。今年はもうちょいシュート出るかなあ~
マグダレン、ちょっと樹形が整いにくいかも



020 (640x480)


会社庭で花数トップ2はエブリンとレディオブシャーロット
エブリンは終わりましたがレディオブシャーロットはまだ咲いています
この2品種はとにかく茂るので
一番花終わると花ひとつしか付けなかったような細い枝は付け根から切っています
そうしないとモジャモジャになりすぎる

昨年はゾウムシ撲滅を目指して開花中であろうが週に一回は薬散していたけど
今年は開花中の3週間、散布無しで大した被害も無く乗り切れた
一季咲きを無くしたおかげで?花ガラ摘みもそこまで大変じゃなかったし
これぐらいの株数で管理するのが丁度いいのかな
今年は花持ちの悪いERを幾つか抜いて持ちのいいのに差し替えれば
もっとゆったり花が楽しめるかなぁ







バラの今後

Wed.29.05.2019 0 comments
001 (640x480)


導入して初の春を迎えたアブラハムダービー
15個ぐらい花あったけどいきなりの夏日とコガネムシでかなり駄目にされて
写真がほぼ残っておりません
上の画像のピンクの強い方がダービー、下はエブリンです
昔はこの2品種、似ているイメージだったけど花型が全く違いますな
あとダービーの方がピンク強め



012 (640x480)


ベンジャミンブリテンも20個ぐらいは咲いたかな?
パッキパキのローズピンク、というか紅生姜色でポイントになるし
大きすぎない花と色合いと花型と甘い香りがマッチしていて気に入りました
わりに花持ちはいい方なんだけど夏日で花弁の縁が焼けてしまって無念…
とりあえずダービー共々早くシュートを出してくれィ


002 (640x480)


3年目に入ったボスコベル、安定した開花を見せています
香り、花持ち、樹形の扱いやすさ、高い連続開花性で人気品種なのも納得
真夏に奇形になってまで花を付けようとするのだけは欠点かな




015 (640x480)


移植したてのジュード
相変わらす香りがバツグン。今年は温度のせいかピンク強かったなあ
まだこいつだけ1度もシュートを出していないので
今年の動向が気になる品種の一つでもあります

さておいて3度目の春を迎えて来期に向けての品種整理を検討しています
手放すのはバロン・ジ・ロードランとフランソワジュランビルは確定
ザ・レディ・オブ・ザ・レイクも花数大した事が無いし持ちも良くないし秋も咲かないと
正直あまりパッとしないので悩ましい…自宅のフェリシア抜いて差し替えようかな
ジ・オルブライトンランブラーは逆に花数多すぎx持ちが悪すぎで
ちょっと扱いきれない…花を楽しむ暇もなく散っていくもんな…

エドワールマネの日差しへの強さと持ちの良さを見て
総じて持ちが悪いERだけよりデルバールもうちょい増やした方が
管理は楽かな?とか思っている次第なのであります

終盤

Sun.26.05.2019 0 comments
024 (640x480)


手持ちバラではかなりの遅咲きであるストロベリーヒルも開花
会社の入り口そばに移植してからは大人しめですが
今はまだ根を伸ばしているだけなのかもしれぬ…
香りと色合いと花型(今回のは不整形花だけど)は好きなので
樹形をどうコントロールするかが今後の問題だわ



009 (640x480)


やや遅咲きのエドワールマネも開花しています
こっちは完璧に美しい花型!輸入苗とノイバラ台木の違いか??



008 (480x640)

移植したての割りに結構たくさん咲いてくれた
フレンチローズらしい華やかな雰囲気
香りはERとは全然違う香水っぽい香り、濃厚と言うかよい意味で人工的と言うか
自然の花でこんな香りするのね~って感じ

ステムが伸びないのでアーチ向きなのかも
てかロアルドも枝伸ばしたらステム短くなったので
その辺もしかして関係しているのか…?



020 (640x480)


GW明けに届いた新苗3本はすくすく成長中
一番しょぼくれた苗だったクロードモネはシュートが出たし



030 (640x480)


セントセシリアには蕾が付きました(後ほど摘蕾しておいた)

フェアビアンカは届いた当初からそこそこ大きな蕾を付けていたせいか
今のところ目覚しい成長はしてないかな、新芽は出てますけど



052 (640x480)


ほぼ花終わったメアリマグダレンの切り戻しをしていたらシュート発見!
マグダレン辺りに濃い目のバラ配した方が締まるなと感じたので
今年また移植を考えていたけど
こんなに旺盛な姿を見せられたら迷ってしまうわね…
マグダレンのやや後ろのケルビーノ移植しようかなあ

デルバールのケルビーノ

Wed.22.05.2019 0 comments
026 (640x480)


デルバール社の新しめの品種ケルビーノ
休み明けたら咲いていました
咲き始めはわりとしっかりアプリコット色
ERのザ・ラークアセンディングに似てるかと思ったけど
あっちほど花弁にグラデーションはかからないかな
ラークはもっとピンクや黄色が入り混じった複雑な色合いです




048 (640x480)


すぐにピンクっぽく退色。この姿を見て
アルシスでERのピーチブラッサムとかボウベルズを買うか悩んでたのを思い出した




017 (640x480)


株はたぶんブッシュタイプ?がっちりした印象
葉はいかにも病気に強そうなツヤツヤの葉
ERとはかなり雰囲気違うな~




047 (640x480)


すでにシュートは出まくっているので生育は旺盛そう

これであと未開花のバラはバルニ社のコメータだけですかね
かなり遅咲きなのかあれは


topTop - Next Page »